ヅカ女の手帖

宝塚をこよなく愛し、龍真咲さんの沼から脱出できないヅカ女によるダイアリーです。。。

かのちゃん卒業おめでとう!

私、めちゃめちゃ頑張って書いた記事すべて消えたのでもう一回書きます。

あの日、あの時、あの感情で書いた大切な記事だったのに…(T . T)


かのちゃん御卒業おめでとうございます!!


かのちゃんといえば…こんなに叩かれてトップの座についた子いますか??ってくらいかなりマイナスイメージから入ってしまった不幸な娘役ヒロイン…

 

人間が持っている1番嫌な感覚、それが先入観。

 

一度ついたそのイメージをとっぱらうことは実に困難なことである。

 

娘役トップスターになる条件をあげるならば…

 

①可憐さ ②実力 ③強さ

 

これは必須。

 

それに加えて相手役に可愛がられ、組子に可愛がられ、ファンに可愛がられなければならない。

 

ファンに可愛がられる


この当たり前の条件こそが花乃ちゃんの最大の難関だったのかもしれない。

 

初めてみりかのコンビを観たときに…正直もっと歌える華やかな子をあすみさんの隣りに…と思ってしまいました(・Д・) 

 

たぶん、月組で、いつもまさきさんの尻拭いをするちゃぴをみていたからですね(こら)



しかし


あまりに金色の砂漠の作品評価とみりかのコンビの評価が高かったため観劇することしました。

 

私は驚いた。

 

かのちゃん、なかなかやるではないか。(上から目線)


かのちゃんのいろんなイメージが一気に真っさらになり、純粋に彼女を褒めたたえている自分がいた。

 

あまり彼女の舞台を観たことがなかったので何とも言えないところはあるのですが、正直、娘役トップスターはどこですか?と探してしまったくらいに埋もれてしまっていたイメージ。

 

それがアムダリアが主軸となりギィを引っ張っていくお芝居をちゃんとこなし、どこにいても輝いていてすぐに見つけられるくらい大きな存在となっていた。

 

かのちゃんの娘役としての集大成をこの作品で観ることができた。

 

きっと人一倍辛い風当りのなかを人一倍頑張ってここまで来たんだろうなと思ったら涙が出て来た。

 

あすみさんとのコンビは最後の最後に本当に大きな花を咲かせてくれた。

 

あんなに素敵なデュエダンは久しぶりにみました。デュエダンだけで涙があふれました。

 

みりかのという素晴らしいコンビが、また私のなかに記憶されました。

 

かのちゃんお疲れさまでした🌸

 

第二の人生もかのちゃんらしく突き進んでください(((o(*゚▽゚*)o)))♡

 

f:id:PPPchan:20170224165401j:image