ヅカ女の手帖

タカラヅカから延々に脱出できないでいるヅカ女によるダイアリーです。。。

【my観劇日記】アウグストゥス-尊厳ある者-Cool Beast!!

ようやく念願の花組公演観劇して参りました🌸未だ収まることのないコロナ禍ではありますが私にとっては行かない選択肢など無く…今回も勇気を振り絞って対策しながら参戦して参りました!!!とにもかくにも…

 

行って良かった。。。涙

 

それに尽きます。。。正直今回は作品に対する不安、そして個人的感情との不安、逃げてきた感情と向き合うことへの不安。様々な不安を掲げての観劇でした。きっとれい華ちゃんファンの皆様も同じではないでしょうか。

 

私はずっとマイナスな物に蓋をしてきました。プラスに考えなければいけない。一度マイナスな感情に傾くとどうしてもプラスに気持ちが向えなくなるそれが人間の感情だからです。

 

しかし今回この作品を見てちゃんと向き合ってみた結果今の私の感情は…

 

これで良かったんだきっと。

 

そう思えました。何が正解かなんてわからないしたとえ外野が正解と思えないとしても

 

華ちゃん自身は正解な存在として舞台の真ん中に凛と立っていました。それに私は救われました。

 

迷いも無く真っ直ぐに見つめるポンペイアちゃんのその強い眼差しの先には彼女にしか見えない世界が広がっていました。まるで処刑台を昇ったアントワネットのような強くて安らかなる表情…

 

あぁ…きっとこれで良かったんだって思えたのです…。

 

一方柚香さんは…今までに無いくらいしんどそうな役でしたね…笑。カエサルアントニウスやブルートゥスのように英雄としてよく知られている人物ではなく敢えて主役を〝オクタヴィウス〟に持ってきたことは柚香光というトップスターに大きな意味を見出しているようで

 

逆に辛かったです^ - ^

 

しかし〝耐える〟〝忍ぶ〟〝想う〟この受け身芝居が上手な柚香さんだからこそ出来た役であり、あんなにお利口さんで真面目で静かな役を普通に演じたら〝ただの人〟にしかなり得ない役所を舞台の真ん中で実に魅力的に生きていました。それも周りの個性豊かで魅力的な登場人物あってこそで、各々の生き様がある故にその狭間で魅力的に息づくことが出来たような気がします。

 

そして全ての人々の想い、祈りの声に、真摯に耳を傾けようとする姿が、柚香さん御自身と非常に重なり合ってしまいました…。

 

このお話はオクタヴィウスを通して全ての人々が混じり合い通じ合い紡がれて一つの物語となるわけですが…ラストシーンの凱旋式の場面がもう圧巻でして…オクタヴィウスが銀橋からローマ市民を見渡し、英雄たち、そしてポンペイアが全てを包み込み微笑みかけるあの場面…

 

大!号!泣!です…涙

 

 

今回で退団の瀬戸さんは男役冥利に尽きる野心に溢れた実に男性らしい英雄像のアントニウス。主役のオクタヴィウスが〝自尊心は愚者の持ち物〟だなんて劇中で皮肉ったこと言ってますがまさにそのまんま。笑。恐れを知らずに〝愛〟と〝欲〟に翻弄されて気持ち良いくらいに真っ直ぐ自分の思うままに突き進む。

 

割と冷静な瀬戸さんのイメージとは真逆だから新鮮で面白かったです!!!笑

 

クレオパトラさんとのお色気シーンはファンの皆様釘付けなのではないでしょうか(^^)

 

そして筋肉頭のアグリッパ君はもう水美さんそのまんまでした!笑。役作り不要キャラ!柚香オクタヴィウスのボディーガードのような存在ですが彼が隣りに居たら大丈夫感半端ないです!笑

 

まいれいって奇跡ですよね…こんなに長い時を並んで一緒に居れることはなかなかあり得ないことですしそう思うと貴重な男役コンビです…。

 

今回私があーあーついに来ちゃったよと身震いしましたのは

 

永久輝ブルートゥス

 

出てきた瞬間にイケメンすぎて目がテンになりました。前回のナイスワークのアイリーンを思い出すとアレは幻だったんかと思うくらいイ!ケ!メ!ン!なかなかのキーパーソンですし彼の存在はこの物語を彩るのに非常に重大な存在です。カエサルへの愛と憎しみが渦巻き周りに煽られ行き場の無い心に一人苦しむ青年ブルートゥス…

 

ブルートゥスに対する感情移入半端なくて涙腺崩壊しました…。

 

あとオクタヴィウスの姉オクタヴィアン演じる音くり寿ちゃんもまた素晴らしいです…。

 

似たもの姉弟なんです。二人とも優しすぎるんです。優しすぎて駄目なんです。。。

 

オクタヴィアンのソロの後ろで皮肉にもアントニウスクレオパトラが…

 

非常に切ない場面ですよね…。

 

これは余談ですが何故かあの場面を見ながら〝ルードヴィヒⅡ〟の彩乃かなみさんの切ない乙女心を歌ったソロ曲を思い出してしまいました…

 

この姉弟はシンクロしてて最後にまた一緒に立ち上がり前を向いて歩こうとする姿に

 

また涙してしまいます(安定)

 

今回は魅力的な役者さんがたくさん居て…専科さんたちもまた適材適所で大変素晴らしく芝居を彩ってくださっています。台詞だけ交わすストレートプレイのような場面もあれば華やかなミュージカルナンバーもあり、ソロもアンサンブルもどれも素晴らしくていろいろな楽しみ方が出来る作品でした!!!

 

そして私が語りたいのは…やはり…

 

れい華コンビの究極芝居。

 

ここですかね…。最後くらいラブラブチュッチュが観たかった。そう思ってしまう反面…

 

今までラブラブチュッチュッしてきたからこそ出来る本気芝居

 

でした…。見かけのわかりやすい恋愛のそれではなく…。もっと深くて…目に見えないけれど…強い糸が複雑に交差し絡み合ってしまいほどきたくてもほどけなくて互いに苦しみ行き場が無く…それ故に…

 

お互いにお互いしか居なくなってしまった孤独を分け合う分身。

 

…とでも言いましょうか…。

 

二人ともいつものように触れ合うことが無い分、目と目を絶対に離さず…怖いくらいに…通じ合ってて…空気まで操っているようなあの張り詰めた世界観…

 

あー…そうですか…ついにお二人はここまで来たんですね…

 

って今回に限っては鳥肌体験のようなれいはなちゃんでした…ポンペイアは華ちゃんだからこその役ですしオクタヴィウスも柚香さんだからこそでこの二人にしか生み出せない究極の世界観であり二人のラストを飾るのにはある種ピッタリの作品なのでは?

 

二人の最後の挑戦のようなお芝居でした。

 

いかんせん理解するのに少々時間がかかる難しいお芝居なので私もまだまだ観たい作品です。

時代背景や人物像を掘り下げたらもっと楽しい見方が出来るかもしれないですし演者側の解釈や演じ方もこの先変わればまた新しい作品になっていくでしょう…オリジナル作品という〝型〟の無いものは演者さんの本質的な良さを知れたり組の力を知ることが出来ます。そういう意味でも今の花組でしか出来ない集大成なる作品になったら嬉しいです。まだまだ始まったばかり…どんな風にこれから変わっていくのかが今から楽しみです♪

 

そしてそして…Cool Beast!!

 

楽しすぎて楽しすぎて楽しかった(すみません)

 

Cool Beast …この作品が発表された時にクールビーストなんて演目は柚香さんのための柚香さんだけの柚香さんにしか出来ない作品だと思いました。それ故に期待値が最高潮だった反面…

 

先生!華ちゃんのことを置き去りにしないでくださいね!(挙手)

 

って強い念を勝手に送らせて頂きましたが…あのワイルドジャングルサバンナな絶対に華優希ちゃんなんて生き物は生息していないだろう地帯に…

 

ちゃんと美しく可愛く清らかな華優希ちゃんを設置してくださったこと心より感謝してますありがとうございます…涙

 

ショーに関しては何からどう言及していけば良いかわからないくらい好きが過ぎてアレなんですけど…とりあえず…

 

柚香さんに全場面で襲撃食らいました(感謝)

 

考えれば考えるほどわからない…なぜあんなにカッコイイのか?頭おかしくなるくらいにカッコイイ…

 

カッコイイのは顔だけにしてほしい(怒)

 

オペラでアップで見てもカッコイイ、オペラ下げて引きで見てもカッコイイ。

 

しかしカッコイイのはビジュアルだけではない。

 

表情、表現、仕草、センス、どれひとつ取ってもぬかりなくカッコイイ。格好悪い点、もしくは女の子にみえる点…皆無です…。今回に関してはまず人間にすら見えなかった。しっかりと獣の王だった。野生の目だった。野生の身体だった。

 

銀橋でヤンキー座りして客席煽ってもしっかりと獣の王としての威厳があるし高貴である。

 

前傾姿勢で花道をダッシュする姿なんかは本物の獣のようだ。まるでハイエナのようなシルエット…なぜだ…

 

不可解すぎるほどにカッコイイ…呆然

 

そしてれいはなちゃんの裸足デュエダンの場面…美穂さんの美しい歌声に乗せて二人が心を通わせて踊る…まるで御伽噺の世界ですよ…男女のデュエットではなく

 

〝獣の王ベスティアと花フローレス〟のデュエット

 

しかしその設定があまりにもれいはなちゃん過ぎて胸熱…。

 

ベスティアの中に生まれた〝初めての気持ち〟〝初めての恋〟〝初めてのときめき〟この想いはなんだろう?どんな風に彼女に触れたら良いのだろう?怖いものなど何一つ無かった獣の王が初めて〝恐れ〟を抱く。汚れなき清らかなフローレスは最初はベスティアを恐れるも彼の心の奥に眠る秘めた優しさに気付く。そして自ら微笑みかけるとベスティアの心は解き放たれ彼女を包み込み愛を交わす…(勝手な解釈)

 

なんと素敵な場面なのだ!!!

 

こんなれいはな観たかったよー!!!だいすけ先生ありがとうございました!!!!!(叫)

 

あと、まいれいのお肉の場面はおふざけ場面としてまぁまぁまぁまぁ()ダンスバトルは流石の見応えで…ついにこの二人が本公演で男役引き連れて踊る時代が来たんだなぁと感慨深かったです…。男役のカッコいい見せ方を熟知している二人で

 

これぞ花組だなぁ…と思わせてくれるお二人。

 

私、今回中詰がめっちゃ好きなんですけど…何って…

 

あの華ちゃんめちゃくちゃ可愛いくないですか?可愛いですよね?そうなんです宇宙一可愛いんです(断定)

 

ポカンとしながらずーっと見ちゃいますあまりに可愛いすぎて…そうこうしてると後ろから獣の王ベスティア様が登場しちゃって…

 

あの腰つきで全部持ってきます!!!本当の本当に駄目です!!!反則です!!!

 

あんなにモジャモジャドレッドがギャグにならずにハマってしまってエロさイケメン具合倍増させる男役…どう考えてもおかしい…

 

何故トウモロコシに見えないのか←

 

あとロケットボーイのスーパーひとこ君も個人的にドストライクですお見逃しなく(聞いてない)

 

えー…ここから本題に入ります(重要)

 

えー…えー…えー…

 

ご存知かと思われますが荒野の岩場に佇むベスティア嬢の件です…

 

いいんですか?本当にいいんですね?わかりました(何が)

 

宝塚史上最高峰レベルのエロさです。こんなことがあって良いのでしょうか。こんなものを見せて頂けて宜しいのでしょうか。ちゃんと映像化してくださるのでしょうか(心配)

 

アレを合法にしてくださり神様ありがとうございます🙏🙏🙏

 

私が望んで望んで仕方がなかった柚香嬢を拝めました。しかも瀬戸アキラ様が相手役という…もう互いに何の躊躇もなく本能のままに絡み合いに行くし…

 

コレ…本当にあかん…だけど…むり…何度だって観たい…観たいんだよ…おかわり頂戴…

 

言葉がそれしか出てこない。というより細かい説明をしたら放送禁止用語しか並べられない自信ありますので駄目です…(崩壊)

 

この場面終わった頃には呼吸することを忘れてますので石像化してます。

 

そのあとにベスティア様がまた何事も無かったかのような顔をしてイケ散らかして登場するのでようやく私も正常に戻りましたが…個人的に今回のショーは生きるのがいっぱいいっぱいなショーです…。

 

そして白いフローレス華ちゃんの可愛さよ…天使降臨。

 

今回何が嬉しいって華ちゃん全部可愛い。華ちゃんワールドをあのワイルドな世界線の中でちゃんと保ってくれてることが嬉しい。

 

最後にベスティアとフローレスのロミジュリの場面…(勝手にそう呼んでます)好きなんです…二人が…手繋ぐところ。というより…

 

ベスティアが優しく自分の手をフローレスに握らせるところまでも獣すぎて…萌え…

 

もう…全場面萌えすぎますね…クールビーストに関しては一生語れますねコレ…

 

その後の恒例の(おい)真っ白いれいはなちゃんの復活ブライダル(勝手に)は唯一いつものれいはなちゃんぽく穏やかに見つめ合って優しくて安心する場面です…。れいちゃんに包まれて幸せそうに微笑む華ちゃん可愛い…見てるだけで幸せ…。

 

で…

 

デュエダン…

 

いいんですよ…実に…いいんですよ…

 

見つめ合ってニコニコラブラブデュエダンが大得意なれいはなが

 

見つめ合ったら負け、惚れたら負け、相手を堕としにかかるみたいな恋仕掛けの駆け引きデュエット…

 

たまらんです…

 

大人な色気がすごい!!

 

いつもよりクールでビター!!

 

それでも二人だと冷酷さや殺伐さは無く…そこにちゃんと情熱や愛がある…

 

だからこその大人なデュエダン。最後に良い物を見せて頂けました…涙

 

長々とまとまりの無い感想をすみません!!!!!

 

賛否両論別れるかと思いますしそれぞれが抱く思いが違えば見え方も違いますので私の感想もただの個人的感想です…

 

しかし見れば見る程変化して楽しい作品になりそうな期待感があります。。。東京も楽しみです。。。どうか無事に最後まで公演が出来ますように。。。

 

お!わ!り!

 

f:id:PPPchan:20210420185748j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

思うまま日記

ついにサヨナラ公演もすぐそこまで来ました。あっとゆうまだった。はいからさん千秋楽翌日に華ちゃんの退団が発表されて地獄に突き落とされ、そこからなんとか這い上がりナイスワークを観てれいはなの芝居の相性の良さに改めて釘付けになり、そしてそれが終わり待ちに待ったのか待ってなかったのかわからない次期トップ発表があり、まどかちゃんの就任で界隈がどよめいた。そして今全てを理解してとにかく明るい未来を見ている自分でございます。

 

なかなか全てを噛み砕くのには時間と精神力のいる展開でした。今までだっていろいろあったけれどまた新しい試練をファンに与えて来た劇団。更に全ツで華ちゃんの役にまどかちゃんという…。発表された瞬間に『それはやだ!!!』って頭を過ぎったが…冷静になるといや…仕方ないか…前作品ショーで全ツ回るのがよくあるパターンだし…れいちゃんのオリジナルショーだし…全て噛み砕き消化した。

 

この界隈に関しては最終的に〝仕方ない〟が重なり合って妥協しっぱなしでそれでも飲み込んで全てを楽しみにして結局楽しんでいる自分がいる。私は聞き分けが良い人間でもなんでも無いがあの組織には抗うことなど出来ないし決まったことは変わらないのでそれに従うしか出来ないと諦めが早いタイプだ。そして切り替えが早いタイプだ。与えられるもので楽しもう。きっと明るい未来が待ってる。そんな呑気な気持ちで居る。一部のファンの方からは考えられないような人間だ。敵視されても仕方がない。

 

劇団はいつだって変わらない。あの膨大な組織の歯車には誰も逆らえない。何があっても回り続ける歯車だ。私自身も劇団に纏わる苦い思い出がある。最終的には自分が原因だなと解釈して大人しく去った。まだ若く浅はかだった。あの時は暫く大好きだった劇場に足を踏み入れることすら怖くて出来なかった。それでも苦い思い出も黒歴史と言われるものもいつかは笑い話になる。そしてまた宝塚歌劇と出会い導かれこの世界の夢追い人となり私は幾度となくあの世界の片隅に縋りついては挫けて下界に降りた。懲りない奴だ。ようやく自分は下界から宝塚歌劇を観ることが自分には合っているとわかった。

 

いろんなことを知った上で結局この世界が好きだ。だからこんなに素晴らしい世界を作り出してくれる劇団に結局感謝をしています。そう思えるまでに時間はかかったたけれど今は無条件降伏のような状態です。

 

今回の件で宝塚歌劇から離れてしまう方もいるだろう…それは仕方が無い。辛い時は劇場に行くことすら辛くなる。あんなに大好きな花のみちを通ることすら嫌になる。それなのに何故かまた人は同じ過ちを繰り返す。辛い経験をしても突然に新しい贔屓と出会ったり、昔の贔屓と出会ったり…

 

そしてまたあの劇場へ向かう。キャトルレーヴに贔屓を求めに向かう。いつしか心の痛みは消えるが瘡蓋は消えないまま。ずっと残ったまま。苦しいことがあるとその瘡蓋がズキズキと痛みだし、自分に教えてくれる。

 

『アンタあの時も大丈夫だったから大丈夫だよ。』って。

 

こうやってヅカヲタ経験値上げていくんだね。

って思ったことをちょっとだけ呟いてみます…。

思うまま日記

宝塚ファンをしていると他の界隈では絶対に味わうことの無い喜びや悲しみを体験する。宝塚歌劇という世界が夢の象徴なだけに夢と現実の浮き沈みは非常に激しい。それでも好きだから仕方が無いのだ。惚れた弱みというヤツだ。私はそんなところすらも好きになっている鬼畜な存在だ。いつだって思い通りになることが少ない宝塚人事。これが誰のためになってるのか?何の利得になってるのか?後々思い出すと

 

アレは何だったんだ

 

みたいな不可解人事ばかりだしそれこそが宝塚あるあるだ。とんでも人事に巻き込まれる生徒さんやファンにとっては一生笑えないことかもしれないがそんな闇状況すらも宝塚だなーって思ったりする。

 

昔は純粋に贔屓だけを見て贔屓だけに思い詰めてきた。しかし今や贔屓のために自分はどう対応するべきか、いや、贔屓だけではなく宝塚の組織を一周見回して自分はどのように応援するべきなのか?そんなことまで考えるように〝あの宝塚歌劇団〟に刷り込まれ教育された。

 

一寸先は闇 明日は我が身 

 

心に常に掲げるスローガン(末期)そんな見方をしていて本当に楽しんでるのか?と聞かれたらわからないがきっとスポーツジムに体がしんどくても通い続けないと生きていけないような人となんら変わらないのかもしれない。

 

今回の特大謎人事は長いことファンをしてきた自分への最大試練のようにも思える。お前どうする?この先も宝塚を好きでいれるのか?って劇団から愛を試されてるんじゃないかと思った。正直いろんな経験してきたからそんじゃそこらのことがあってもまぁまぁ平気だと過信していたが久しぶりに頭をバカにするほどの溺愛コンビと巡り合ってしまった。ここまで純粋にただただハマってしまったのはいつぶりかと思うくらいに本能のままに惹かれて寝ても覚めても〝れい華〟しか考えられなかった。

 

ここまでハマらせておいてそれはねぇだろう。

 

流石に怒りが込み上げ悲しみマックスで崖から突き落とされた気分だった。というより崖が頭に降ってきたような感覚だった。

 

寝耳に水ぶっかけんじゃねーよ!

 

と罵声浴びせても劇団は〝寝てるお前が悪いんだ〟と言うに違いない。今回の負傷は絶対回復しないしもう宝塚絶対無理!と思いながらも

 

自分の自然治癒力の強さを最大に発揮して今ケロッと生きている。そんな自分が悔しい。これでは劇団の思うツボではないか。

 

昔、悲しくて泣いていた時に『泣くということは感情に任せているだけだ。何故泣いているのかその理由をよく考えなさい。』と言われたことがある。それ以来泣く理由を自分で問うようになった。考えるうちに冷静になる。

 

私は何故悲しいのだろう…華ちゃんが辞めちゃうのが悲しい…れいちゃんの隣りが華ちゃんじゃなくなるのが悲しい…華ちゃんに向ける笑顔を他の誰にも見せたくない…それは全て私の一方的な感情だ…じゃぁ2人はどうなんだろう…もうお互いの新しい道を見ながら手を繋ぎ走り始めている…クヨクヨしてたら置いてかれてしまう…キミたちと一緒に私も最後まで走るよ…

 

END

 

毎日悲しくなる度にこの繰り返しで私の頭はちゃんと全てのことを理解できたようだ。更に今回は相手役が他組からスライドという異例すぎる展開となり宙組トップコンビファンの方までもが悲劇的な結末を迎えることとなりました…

 

れいはなファンでズタボロの私にとってはまどかちゃんという素晴らしい娘役さんが来てくださることは変な話悲しみを埋めてくれる小さな希望の光になってます…しかしこれもまた繊細な問題なのであまり口にしてはいけないかもしれませんが…少なくとも私にとっては自分の贔屓がまたもや可愛い子を貰ってしまい…神様ありがとうございます…なんて不謹慎な…馬鹿正直で申し訳ありません…

 

こういう馬鹿野郎だから宝塚から一生足を洗えないオンナになったのかなぁ…(自重)

 

せっかく宝塚ファンをするなら楽しく応援したいんです。悲しみに浸るよりも悲しみを笑い飛ばしたくて…友人とジョークを飛ばしながら泣いたり笑ったりして人事を語り合う楽しさは宝塚ならではなんです。次回の演目が発表される度にフラグか?って危険を察知しながら勝手に覚悟したり集合日の度にソワソワしたり界隈の人以外からしたら非常に怖い案件ですし御新規の皆様は『???』かもですがこの界隈の謎ルールはいつまで経っても謎で不可解だからこそ逃れられない魔薬なのであります…

 

今思えば柚香さんも華ちゃんも正直異例の就任だった。2人とも様々な上級生をかき分けて牛蒡抜きでトップの座を勝ち取った。彼女たちが選ばれた時にも喜ぶ人の反面悲しむ人は多かった。それを忘れてはいけないんだって今思い出したんです。トップになってしまうともっともっとって多くを望んでしまうけれどトップにしてくださったことにも感謝しないといけない。それにあんなに過酷な背景がありながらも二人でれい華ブランドを見事に築き上げて新しい風を宝塚に吹き込んでくれたことは一生誇りだし二人に感謝しなければいけない。

 

れいはなには一生足を向けて寝れません。

 

宝塚歌劇団はいつだって枝分かれしていくんです。その選択は〝はい〟と〝いいえ〟しか無い。今また枝分かれを目前としている。贔屓が退団してもその別れ道に遭遇する。いつか枝分かれのもう一方に〝新しい贔屓〟が生まれる日だって訪れるのかもしれない。もしくは〝選べなくなる日〟が訪れるかもしれない。先のことはいつだってわからない。だから今を後悔無いように応援する。それだけしか出来ないんです…。

 

頭がぐちゃぐちゃしてよくわからなくなった時には自分の思ったことを落書きのように書き残しておきたくなる。そうすると心のザワつきが落ち着く。そしてまたザワザワする、書く。その繰り返し。それでもやっぱり書いてて思うことは私は宝塚が好きだ。だから離れられない。応援の仕方は人それぞれだしみんな思い思いでいい。ただ…堕ちてもいいけど腐らないようにしなきゃって。それだけ。せっかく素晴らしい世界に出会えたから楽しくこの世界と向き合いたい。それだけが宝塚におけるマイルール。

 

書き殴ってごめんなさい。

 

 

 

 

最高峰のれいはなと出会わせてくれたナイスワーク

ついに私の大好きで仕方が無い作品が幕を閉じました…。愛するには短すぎたなぁ…。この作品が好きすぎてなかなか現実に戻れない人間です。そういう方はきっと私以外にもたくさんいらっしゃるかと思います。個人的には東京国際フォーラムに続き梅田芸術劇場公演でも2回観劇が叶い更に配信を観てもう身も心もすっかりナイスワークワールドです。

 

何が好きか?いやもうわかんないけどとりあえずまるっと全部好き。好きに理由なんて無い。大切なものは目に見えないと言うけどその〝大切なもの〟がありとあらゆるところに沢山散りばめられ隠されているようなストーリー。観終わった後は可愛いおもちゃのお菓子が入った宝箱の中から本物の甘いキャンディを見つけ出して凄く幸せな気持ちになったような…そんな感じ。OK?!(影響受けやすい体質)

 

れいはながねー。ただただ甘いんですよ。しかしこの二人はただ甘いだけじゃない。

 

ほろ苦い甘さ。甘さを引き立たせる苦さをわかっているからこその甘ったるいカップル。

 

OK?!(しつこい)

 

しっかし国際フォーラムで観たバブい柚香ジミーがちょっと色気づいちゃって若干理性ありそうな男だったからオヤオヤ?!てなったのは事実。東京の時のほうが〝ジミー〟っぽかったような…しかしこれはこれで

 

たまらなくドストライクだ。

 

柚香さんという役者はこうやって毎度毎度変化球をかましては客席を飽きさせずに楽しませてくれる。そのバイタリティ溢れる精神は流石だなぁと感心します。そこに合わせてビリーの華ちゃんもどんどん変わっていき終盤は立派な密売人感も出てきて貫禄が増しておりました。あの可愛さなのにめちゃくちゃ罵声響かせてるから余計に可愛いくて可愛いくて仕方がない。

 

改めて華ちゃん凄い子…。

 

お芝居へのエネルギーが桁外れ。

 

毎度毎度れいはなは華ちゃんが魅力的なヒロインを演じなければストーリーが成立しないような作品ばかりだった。いや…今始まったことではない。明日海さんのサヨナラ公演の時からそうだった。華ちゃんは少しばかり不安要素を漂わせる存在だけど…何故だかそれすらも彼女のヒロイン力を増幅させる武器となり

 

追いかけずにはいられない女の子

 

として舞台に息づく。何か残り香を舞台上に残していくような娘役さん。その残り香に柚香ジミーがあれよあれよと恋焦がれ堕ちていく。恋愛の起承転結が目に見える形で明確にわかるトップコンビだ。そして何より彼女はあのキュートな容姿からは想像できないようなトムボーイキャラがよく似合う。そのギャップに人は皆心を鷲掴みにされるのかもしれない。華ちゃんがお姫様をやったら〝普通に可愛い〟で終わるものを彼女はいつも〝普通〟には終わらせない…

 

もはや本当に可愛いからこそ許されるお転婆なのかもしれない。

 

それは柚香さんにも言える。

 

マジのマジでカッコいいからこそポンコツアホボンがよく似合う。

 

カッコイイ人がカッコイイ役やったらそりゃ普通にカッコイイ。しかしカッコワルイ役やっても柚香さんはカッコ良いのだ。

 

つまりは最強に可愛いのに格好良い女の子と最強に格好良いのに可愛い男の子をこのれいはなにやらせるって…

 

二人だから出来た案件だと思ってます(贔屓目)

 

とにかくれいはなが優勝すぎた作品でした。そしてそしていつも二枚目のアキラさんにあんな三枚目キャラをやらせたりイケメンひとこちゃんにあんなおかしな美女やらせたり…

 

それでも全員が真逆だからこそ生き生きと役を楽しめた作品でした。

 

だからこそ観る側も新鮮な気持ちで楽しめました。はいからさんが通るを演じた人々とは思えないほど新しい花組を見た感があった。こういう〝味変〟は次にまた出会う王道な宝塚作品を楽しむためにも必要なものかもしれません。だから宝塚歌劇が本舞台の間に〝別箱作品〟をサンドすることは凄く良いことだなぁと思いました。

 

…本当にナイスワークは久しぶりに我ながら中毒すぎて終わらせたくない作品となりました。魅力的な場面が多過ぎてもはや全部の場面が推し場面となっております。ガーシュウィンの心地良いメロディがベースとなり踊ったり口ずさむことで生まれる優しくて温かくてクラシカルなムードが自分の求めていた世界とピタッとハマりました。

 

そして全てをスタイリッシュにお洒落に彩る柚香光さんにあまりにもハマりすぎていた案件でした…。

 

あと…華ちゃんの歌の件ですね…。

 

歌はこうして歌うものなのか…

 

そう考えさせられたんです。華ちゃんの歌は真っ先に人の心に響かせる力があります。多分声自体を綺麗に響かせることが物凄く上手になったからだとも思いますが…彼女が優しく歌いあげる度に劇場の空気が柔らかく温かくなっていくのを体感し涙が出てしまいました。正直驚きました。ここまで彼女が劇場空間を一人で埋め全てを味方につけるほどの求心力を身につけたことに…。

 

柚香さんに導かれながらも今は華ちゃんの存在に柚香さん自身も導かれながらお芝居を進行してるようにも感じました。だから二人の間に生まれるパワーバランスが同じでなんともしっくりくる並びなのかなぁと。互いをちゃんと認め合い目を逸らさずに同じものに向かって歩んでいるからこそ生まれる同士であり戦友であり恋人以上家族未満みたいな関係。互いの優しさや相手への思いやり、配慮があっての二人の在り方なのかなぁとれいはなには特に強く感じることがあります。

 

そしてこの作品にはフィナーレという最高のデザートが待っています。本編で三枚目キャラの男役たちが全員花男らしく粋にスタイリッシュに格好良くタップを踏む…

 

これぞ花組!!!!!

 

しかも真ん中がアキラさんでみんなを引き連れてタップを踏むところが大好きです。アキラさんはやっぱり花男の鑑と言いますか…華やかさに加えた渋い格好良さ。この大人な色香がフィナーレにスパイスを与え、更に隣りには美しく華やかなひとこ嬢を置くところも最高です。あの場面があってからのあの大人可愛いトップコンビのデュエットという流れは最高オブ最高ですね。。。

 

語り出したら止まらなくなる私のナイスワーク愛ですが…この作品への愛は勿論ですがこのような状況のなかで様々なストレスを抱えながらも作品と闘いそして私たちに最高の幸せを届けようとしてくださる全ての想いが伝わってきました。舞台を上演するその背景までもが愛おしくてたまらない公演でした。舞台に携わる全ての方々に感謝の気持ちでいっぱいです。私が出来ることなんて何にもありません。しかしこの舞台が好きで好きで仕方がなくて私のなかでのお気に入りになったこと。これが私に出来る小さな恩返しだと思っております。

 

はいからさんが通るではどんな困難な状況であってもいつか必ず乗り越え明るい未来が待っている、ナイスワークではどんな困難な状況であっても笑って生きてればいいことがあると勇気と希望を与えられました。

 

この時代の今だからこそ…私はれいはなちゃんに出会えて良かったのかもしれない。この二人は暗く沈んだ世の中に一筋の〝光〟と〝ゆうき〟を与えてくれた。

 

ありがとう。ありがとう。ありがとう。

 

大切なことは何度でも繰り返します…。

 

れいはなコンビ大好きです!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

並々ならぬ思い出となったナイスワーク遠征日記

待ちに待ちすぎた花組さんの『NICE WORK IF YOU CAN GET IT』ようやくこの目に触れこの体で体感することとなりました…控えめに言って

 

ただただ凄い作品でした!!!

 

私の荒ぶった思いの丈はTwitterでご存知かと思われますが改めてブログに書かせて頂きました(^-^)

 

しかしながらこの御時世…いつもとは違う緊張感を持っての観劇でした…。行く寸前まで正直悩みました。行っていいのだろうか?いや…行かないわけにはいかないんだ…悪魔と天使が私の脳内で闘い続けた結果今回も闘いに挑む気持ちで遠征することとなりました。私のように自由な身で無い方、御家族から止められてしまった方、また様々な諸事情で行くことが敵わない方がたくさんいらっしゃるかと思います。少しでも行くことの出来る希望の光がある方には是非勇気を持って行って頂きたいです…。けれど今回本当に奇跡と言いますか…このような非常事態故の不幸中の幸いにも

 

配信と円盤

 

という大きな奇跡のプレゼントを劇団様が用意してくださったので…多くの皆様がこの作品を観ることが出来るということが私はただのファンでありながら心から嬉しさでいっぱいです!!!

 

だって…だって…

 

本当に良い作品なんです…素晴らしい作品なんです…私が求めてた作品に出会えた感!!!

 

なんと言いますか…飽きることが無いんですよ…カメラを止めるなばりにノンストップで最後まで走り抜けていきますしあのスピード感だからこそ笑いが止まらないのかもしれないですし改めて振り返ると『アホな作品だなぁ…笑』って思うんですけどアレだけドンガラガッシャンしてスミレコード脱ぎ捨ててもそこに対する嫌悪感も如何わしさも皆無で腹叩いて笑えるのは役者さんがみんな上品だからなのでしょうか…。

 

オゥフッ…とか言いながら焦らされて悶々と歩く柚香さんとかアレは柚香さんだから許されちゃうような…

 

みんながみんな強烈すぎてとにかく何から告げたら良いのかわかりませんが…

 

とにかく大好きな柚香さんの新しい柚香さんを観れたことが神様ありがとうでした。と言ってもアホボンの役はこれまでにもいくつも観てきましたがまさかトップになってここまでのアホボンの役が回ってくるだなんて…。しかしあんな救いようの無い役すらも柚香さんがやると救いようが無いまでに愛おしいキャラになっちゃうんですよね…。魅せ方も最高に上手い。我々ファンが何を求めているか、どう演じたら喜ぶか、常に主観を第三者に照らしているような柚香さんだからなのか…柚香さんの舞台って思いっきり楽しませて貰えるし幸せにしてくれる。お芝居は勿論…ダンスナンバーが凄まじい。前回のダンオリとは違い芝居の中の役としてタップを踏んでますが…これまた役だからこその躍動感や楽しそうに軽快に躍る姿が

 

これぞ見たかった柚香光の男役ダンスだ…

 

と思いました。

 

そして相手役のビリー演じる華ちゃん。私は…

 

華ちゃんはこの作品と出会うためにここにいるのかもしれない。

 

と思わせるくらいに華ちゃんにピッタリすぎる役でした。あんなに楽しそうで可愛い華ちゃん初めて観たかもしれないってくらいにクシャクシャに笑ってて…今回は1人ソロもたくさんあったけれど驚くほど歌がお上手になられて…華ちゃんが真ん中で歌う度に私は謎に涙が流れてきてしまいました…。可愛い…可愛いんですよ…そんなことはわかっちゃいたんですが…可愛さを隠そうとすればするほどに可愛さが溢れ出てきて…

 

また今回も柚香さんが華ちゃんを熱烈に追いかけ回します(安定)そして異常に触ろうとします(安定)そして逃げられます(安定)

 

はいからさん同様に破茶滅茶なことを繰り返し散々な目に遭わされてもそれでも…いや…それだからこそ追いかけるのか…いつだってM男満載な柚香さんがまたしても炸裂して安定のれいはなラブラブっぷりに胸がいっぱいになりました。もうラストのキスシーンが可愛すぎて腰抜けそうになるんです…。からの…デュエダン…。

 

今回のデュエダン好きすぎてあかん!!!!!!

 

まず、ピンクの衣裳が最高にキュートなのと、柚香さんが最高にエンターテイナーなのと、華ちゃん死ぬほど可愛い。は?え?ってくらい可愛い。で、二人並ぶと恐ろしい可愛さに目潰れそうになる。お似合いすぎてあかん。あんなに可愛いカップル居ていいの?!?!?!更にひたすらに見つめ合ってニコニコクルクルしてる。

 

いつも以上に離れないもう二人で一つ。

 

最後華ちゃんがはける時に見送る柚香さんは安定の目パチッて華ちゃんを見てニコッてするやつ。あれははいからデュエダンのリフトする前によく見せた顔だ。華ちゃんにだけ見せる

 

華ちゃん専用アイコンタクトだと思っている。

 

最後のフィナーレの時の二人もまたコレ最高オブザイヤー(まだ新年開けたばかり)ジミビリの結婚式仕様で出てきますがシルクハット被った柚香さんにあーーーーーってなる。今回もウェディングドレス着た華ちゃん観てあーーーーーってなる。で、最後二人が仲良くはけていくの観て

 

 

あーーーーーーーーー涙

 

 

ってなる。毎日〝日替わりメニュー〟みたいになってて最高に可愛い。役なのか素なのかよくわからんがいちいち可愛い。

 

とにかく私の見たかったれいはながナイスワークで見れたことをここでご報告させて頂きます。

 

で…瀬戸さんよ。瀬戸さん。いつもクールで大人なダンディズムを踏んでいた瀬戸さんに

 

🧸のぬいぐるみ背負わせるとか何ごとか?

 

あんなに荒ぶってキュートで破茶滅茶でそれでもリーダー兄貴なクッキーさんが超愛おしかった。ああいう人いるいる。ジミーとは違うとりあえず口から出任せでなんとかなっちゃうクズ男。またまた〝最低下の下男子〟を瀬戸かずやさんに当てちゃうところも最高だったな。思わぬれいあきらの萌えポイントが多いしクッキーさんがクズでしょーもない悪党であればあるほどに同じクズでも小学生レベルなアホボン純粋ジミーとお互いが居心地良くなって心開き合ってくところにまたジーンて来るの。だから最後の寝室のシーンでジミーに『君は最高の執事だよ』って言われて笑顔で飛び出してくクッキーが子供のように可愛いの。初めて誰かに心から信用されて自分の存在を認められて必要とされたことが嬉しくてたまらないの。だって2回もジミーに言わせるんだよ…。可愛いすぎて私泣いちゃう…(再)

 

…からのフィナーレ。

 

アキラ率いる花組出陣

 

だった。ひたすらにこれぞ花組だった。みんなを引き連れて真ん中でタップ踏む渋い瀬戸さん最高に格好良かった。あー!!!これだよこれ!!!ってなるあの場面。スタイリッシュでギラギラしつつも高貴なの。花組はやっぱり上品だなぁって改めて感じた。それにしても素晴らしい団体芸でこの御時世でこの短期間できっと練習もいつも通りが敵わなかっただろうに…みんなのパワーに圧倒されてまた胸が熱くなり泣きました…。

 

そして今回の…注目株…アイリーン

 

帰ってから感想を書こうとするとアイリーンの残像ばかり浮かんでくる。そのくらいアイリーンがインパクト凄すぎた。出てきた瞬間に目がテンになった。海外ミュージカル特有のコケティッシュなよく居る部類の女優さんとかとはまた違う…何者にも属さない系の…ひとこちゃんにしか出来ないアレは。笑。普通に立ってたら普通の美人なお姉さんなのに…

 

要するにジミーに比例するだけのアホの純粋ちゃんなんですよね…

 

しかしそこがアイリーンの最大の魅力であんなに綺麗で可愛いのに誰にも触らせたことが無い最強拗らせ女子なんですよ。

 

そして見せ場のお風呂の場面は可愛いすぎてずーっと観てたい。セットも衣裳も全部可愛い。アイリーンもやってること言ってること全部アホなのに全部可愛い。そしてひとこちゃんお歌がお上手ー!!!なんのストレスも無く娘役さんの歌が歌えるのは驚きました。

 

アイリーンは男役さんが演じるからこそ魅力を放つ役だなぁって。セクシーさと大胆さとコミカルさは絶対に男役じゃないと生み出せない。本当に良いものを見せて頂きました!新しいひとこちゃんが観れて感謝感謝。

 

他にも魅力的なキャストだらけで…ツカサくん演じるデュークは最高にキュートでたまらなかったな。毎回毎回愛おしいキャラを更新していくツカサくん。恋に狂わされて泡立て器で頭かき混ぜちゃうデューク超可愛いかった…ツカサくんもどんどん芸の幅が広がってきて驚いてます。いい男役さんに成長されて今後が楽しみ!!!

 

くりすちゃんも毎回毎回濃い役にチャレンジしてますが何やっても上手いですね…。歌もダンスも芝居もソツなくこなすし可愛いところも色濃いところも臨機応変に対応できる能力が抜群で花娘のリーダーみたいに真ん中でみんなを引き連れていけるくらい立派な娘役さんになられていた。今回もクリスちゃんには珍しいような役所だったけれども品位を護って熱演されてて流石だなぁと感じました。

 

ユメさんは…如月に引き続き…今回もユメワールド全開で…。凄くないですか?!アレぞ〝トップを食う役所〟ですね…。脇のトップスター。意外と発掘されないこのポジションを久しぶりに見つけました。こういう方が居ると芝居に厚みが増してみんなも影響を受けて色濃くなる爆破剤みたいな方。私ほんとにユメさん好きなんです…。今回でもっともっと好きになってしまいました…。大切にしてほしい人材です!

 

あとパパの和海さんは大事。間の取り方が絶妙すぎてもう一気に笑いを掻っ攫う。上手いな…上手いよ。芝居での自分の立ち位置とか在り方をよくわかっていらっしゃる。出過ぎることなく出てきたところで全部持ってくような方。アッパレです。最後のあたりは和海パパしょーも無さすぎてもう笑いが止まらない。ネタバレしちゃうから言えませんが流石だなって…笑

 

今回は専科さんもお二人いらっしゃいますが汝鳥さん!!!!!あーもう汝鳥さんが出てくるだけで癒される。笑いが起こる。ほんとにほんとに大好きすぎる!!!なんてチャーミングなんでしょう。嬉しい…この作品に出てくださってありがとうございます…感謝しかありません…。

 

ママの五峰さんは当たり役すぎでした。笑。他にあの役出来る方いないですよ。え?いませんよね。笑。ラストに突然現れるだけなのにあのラスボスの存在感…。そして台詞の全部がズッシリ重い。あの親だからこそジミーがあんな子に育ったんだと実感。笑。最後のビリーとのやりとりに私はまた泣かさせられるんです。偉大で気高く恐ろしいまでのオンナでありながら一人の女性としてジミーの母としてビリーと向かい合い話す時のあの説得力たるや。ジミーがどんなにアプローチしてもジミーの腕を振り払うビリーなのに。笑。しかしあそこのジミーもまたしょーも無さすぎて最後の最後までジミーで大好きですが…

 

もう話し出したら止まりませんね…。正直なところナイスワークは上演が難しいかなぁって諦めていたんです。スケジュール調整やこの御時世ですし…。それでももしこの作品に出会えてなかったら私…観てしまったからこそですが一生後悔が残ったでしょう…。観れる期待もしていなかったから余計にそう感じるのだろうか…

 

本当に素敵な作品でした。何回でも観たいって思える作品でした。ストーリーとして観ても面白いし視覚で観ても楽しめるしエンターテイメントショーとして観ても楽しめる。いろんな要素がギュッと詰め込まれた愛と夢が折り重なるそんなステージ。こんな素敵な作品に、大好きなれいはなコンビ率いる花組メンバーで観れたことに感謝しかありません。

 

どうかどうか多くの皆様がこの素敵な舞台と出会いハッピーな気持ちになれますように。

 

そしてどうかどうか花組のメンバーが1人も1日も欠けることなく健やかに楽しく幸せな舞台に立ち続けることができますように。

 

 

 

はなちゃん。

大好きなはなちゃん。

 

宝塚の娘役はこうあるべきみたいな理想のトップ娘役像とはちょっと違いました。

 

今や何でもこなすプロフェッショナルなタカラジェンヌさんがたくさん居るなかで下級生の頃から何故かずっと気になっていた静かにひっそり佇む可愛い娘役さん。

 

なんでだろう…人は時々説明も出来ず言葉に表すことが出来なくても〝なぜか目に飛び込んでくる〟〝なぜか心惹かれる〟〝なぜかとてつもなく愛おしい〟そんな感情を抱くことがあります。

 

それが私にとっては華優希ちゃんでした。

 

彼女がただ舞台に立っているそれだけでいい。そう思える娘役さん。

 

彼女を初めて見たときに、かんわいい。なんと綺麗な瞳。それが第一印象でした。

 

これほどまでに男役さんではなく娘役さんの魅力の虜になったのも初めてでした。

 

とにかく可愛い。可愛いという言葉がこの世の中では〝こんにちわ〟くらいに使われているから軽い言葉に聞こえがちですが〝人を惹きつける魅力〟があるという本来の意味の可愛いなんです。

 

しかし可愛いだけでは真ん中には立てない。あの大きな箱の真ん中で物語を動かすことなんて出来ない。華ちゃんはあの小さな体であの世界の中心に立ち周りを動かす巨大なエネルギーを内在している。彼女の放つ空気はまるで魔法のように人の心を突き動かす大きな力がある。その力は強く優しく愛に溢れている。

 

それでも彼女の生まれながらに持つ先天性の魅力だけではこの厳しい芸事の世界でヒロインを演じることは難しい。

 

最初はタカラジェンヌさんにしては珍しいほどに芸事が苦手そうに見えた。歌って踊るという基本的なことにも苦戦しているようだった。

 

そんな彼女が歌も踊りも目に見える形で変わっていった。相当な努力をしたんだろうなぁとこの私でもわかる。そして元々素材が可愛かったけれど今や艶やかで神々しいばかりの美少女へと育った。何より存在が垢抜けた。メイクもかなり研究したんだろう。そして娘役としての立ち姿が変わった。今まで頑張りすぎて力んでいたのに柚香さんの隣りで柚香さんの呼吸を感じながら自然と舞台に息づくことができるようになった。

 

まるで赤ちゃんのようだった一人の少女がトップ娘役という立場になり今まで感じたことの無かった大きな責任を背負ってトップスターの隣りに立ち支えるという任務はこんなにも一人の女性を成長させるのだろうか…。

 

見なくてもいいものを見たり、聞きたくもないものを聞いてしまったり、苦しくて躓いて前に進むのが怖くなったときもあったのかな…。

 

それでも華ちゃんはそんな顔一つ見せずに舞台の上で笑顔で立っていてくれた…その笑顔からたくさんの勇気をもらい幸せな気持ちを貰った。

 

華ちゃんの不器用ながらにも一生懸命己と闘い前に進んでいくその姿に、私は知らないうちに励まされ、大きな影響を受けていたんだなぁって…今になって思います。

 

柚香さんの男役像が女子たちに夢をもたらしているのと同じくらいに華ちゃんの女の子像は女子たちに夢をもたらし勇気を与えパワーを与えてくれたのかもしれない。

 

柚香さんが〝お芝居の人〟と最近呼ばれるようになったのもその引き出しを引っ張ってくれたのは華ちゃんの存在だと思うんです。

 

柚香さんの中に眠る感情を華ちゃんが覚醒させ、柚香さんもまた華ちゃんの中に眠る感性を覚醒させた。そうやってお互いをまるで本物の夫婦であるかのように探って探って探り出した先にあの二人のホンモノの絆や愛情が舞台という生の世界で見せてもらえたその奇跡には本当に感謝の気持ちしかない。

 

この二人の恋愛物語が本当に大好きだった。もっともっと見たかった。そう思う自分は強欲なのかな…でもそのくらい可能性が満ちているコンビだった。

 

観劇した後に『ああ良かった』って感動することは常だけれど、その余韻を上回り自分の体内に熱くてズシンとする何かを残していくようなそんなお芝居をする二人に出会ったのは初めてでした。

 

勿体無いなんて言葉は使いたくない。いつしか人は旅立つものだし永遠なんてないのだから。

 

まだまだ時間はある。一つの公演であんなに変わったんだからあと二作公演したら華ちゃんはとんでもない未知なる娘役に成長するかもしれない。

 

退団が決まってからもまた新しいスタート。

 

この限りある時にどれだけの二人の世界を観られるのか…

 

悲しいし…寂しいし…手離したくないし…

何度だって行かないでって思うけど…

 

後悔しないようにこの目で見れる限りれいはなちゃんを目に焼き付けたい。

 

大切で大好きな愛しのトップコンビだから。

 

華ちゃんを…愛しの華ちゃんを…最後まで応援するって決めたんだ…。

 

 

 

 

 

 

 

ピガール協奏曲に魅せられて

正直贔屓組以外はスカステでいいかと思う自分なのですがピガール協奏曲はポスターを見た日から

 

コレは観たい。

 

とそそられた作品でした。

 

そして人物相関図が出てからより一層

 

なにこの恋の矢印。意味わかんない。観たい。

 

となったわけです。月組さん毎度のことながらおかしな〝→💗〟多いじゃないですか。これぞ月組の醍醐味ですよね( ^∀^)

 

久しぶりに月組さん拝見させて頂きましたが根強く聳え立つ月組独特芝居に懐かしさを感じました。

 

とにかくみんな濃いし常にドタバタ落ち着きがない。

 

個性が出過ぎてダンスが揃わない月組とよく言われましたがそれがいいんですよね〜。あのバラエティパックみたいな集団。笑。どこ観ても面白いし毎回誰かオカマやらさせられてるし今回は真ん中までアレだし(おい)性の移動がフリーダム。

 

月組だからこそできるあのピガール協奏曲だったに違いない。

 

あの世界観は控えめに言って好きすぎましたね…映画のムーランルージュみたいな悲劇的展開ではなくシェイクスピアのドタバタ喜劇に展開するところ最高でした。十二夜がベースになってるだけありもうカオスでしかない。

 

しょーもない男しか出てこない所も最高でした。

 

髭のおっさんたちがひたすら言い合って追っかけっこしてもう

 

ちなつ氏は何がしたいんだ。帰れ帰れ!

 

ってヤジ飛ばしたくなるあの小物感最高。あと酔っ払いからんさんもね。笑

 

で、おだちんもおだちんで何なのあの人。

 

ドレス着たポリンキーのお化けみたいな人がやたら映り込むけど何アレ?!誰?!

 

f:id:PPPchan:20201102111345j:image

 

って…全く…スターさんにバケツなんか被らせて…原田くんは何をさせるんだ…ナイスワークでもそういうの頼むよ(期待高まる)

 

で、で、で、れいこたんがさ、、、私のミジンコ母性をくすぐって、、、

 

私もムーランルージュで働きます!!!

 

ってなるよね…お馬鹿そうだけど純粋で優しくて…そういう道化芝居上手いんだよ…れいこさん芝居がどんどん上手くなってきてホロリとしてしまいました…。

 

そしてヒロインのさくちゃん!!!

 

見る度に可愛いくなるし上手くなる。さくちゃんは遠野あすかちゃんみたいな気高くて美しくてでも中身は純粋で優しい役がとてもよく似合う。さくちゃんのいじらしい表情に私は泣いてしまった…。

 

主役のたまちゃんは今回大変だっただろうな…

性を行き来するの難しいよね…。しかし見た目同じでも仕草や喋りでちゃんと男女を演じ分けれてて素晴らしかったです。話さなくても歩き方が全然違うから〝あ、兄さん来た〟〝妹になった〟ってすぐわかる。笑

 

たま様のあんな乙女で可愛い表情見た事なかったしれいこさんにキスされるところとかズキュンが止まらなかったです!!!

 

それにしても今回たま様色気爆発してませんでした?!

 

ショーの最中もたま様のはんなりした中性的な表情と美しい手の動きに心臓撃ち抜かれました…たま様って男らしい感じより意外と中性的なほうが似合うんかなぁと思ってしまいました…

 

和物ショーも最高に素晴らしかったです。クラシックなファンタジーを和で表現するって斬新で宝塚でしか成立しないアートだなぁと思いました。

 

初めての感覚を覚えた和物ショーでした!!!

 

これは是非とも柚香さんでも観たいです!!!(どさくさに紛れて叫ぶ)

 

そして松本先生のラストステージでもあります。和物と言えば松本先生と浮かぶくらいの大先生ですが最後の最後まで可憐な娘役さんでした…。何と申したら良いか…お可愛らしいと言ったら失礼ですがそれが一番しっくりくる言葉です。誰よりも長くあの舞台に立ち続けて宝塚歌劇を見てきた御方が宝塚歌劇を御卒業されると思うとそれだけでも感慨深いものがありますね…

 

そしてそして106期生の初舞台公演でもあります。みんな可愛いくて可愛くて…。初舞台生観るだけで泣いてしまう自分も歳を取ったなぁと感じますが。笑。真っ直ぐに熱く迸るエネルギー。アレは初舞台生にしかなし得ない唯一無二の魅力なんです。全身全霊で新しい扉を開こうとする勢い。

 

汚れきった我の細胞がお陰様で蘇りました…ありがとう初舞台生…

 

旅立ちと初まりが交差するこの公演…

 

幾度となく目頭が熱くなる時がありました…

 

これはおかわり物件です…出来るなら生で観たい…観てない方は是非配信を観たほうがいいです…

 

いや、絶対観てください。もはや強制です。(誰)

 

f:id:PPPchan:20201102105419j:image